トリコモナスなのにセックスを求める彼。どうしたらいいの?

 

トリコモナスになったら

トリコモナスに感染したら、今のパートナーとご自分のことだけを考えずに、連絡が取れるのであれば、今までの性交渉のお相手にもお知らせして医療機関の受診を勧めましょう。たとえわだかまりの残る別れ方をしたとしても(程度にもよりますが)、「それはそれとして」と切り替えて、良識ある大人の行動をとりましょう。

トリコモナスは、抗生物質を用いて治療されます。治療が完了するまでは、性交渉は一切控えましょう。パートナーがセックスを求めてきたら、きちんと治療を受けないと不妊症になる可能性もあるのだと根気よく説明しましょう。絶対に妥協して受け入れてはなりません。後で泣きをみるのはあなたです。

また、特定のパートナーも感染している場合は、ご自分のみまじめに治療に通っても再び感染してしまいますので、お二人でご一緒に治療することは必須です。引きずってでも病院へ連れて行きましょう。

日頃の性病予防法

まずは、デリケートゾーンを清潔に保つことです。そしてお仕事によってはなかなかむずかしいかと察せられますが、生理中はナプキンを出来る限りこまめに取り替えましょう。

また、排便後は「前から後ろへ拭く」ことを徹底してください。これはご家庭で当然教えるべき生活習慣として基本中の基本なのですが、ご幼少の頃、保護者の方から習っていないという方が少なからずいらっしゃるようです。

肌着は通気性の良いもの、綿もしくは絹100%を着用し、ガードルで締め付けないよにしましょう。ガードルは一時的にスタイルを良く見せてくれますが、内蔵を圧迫し血流を阻害します。顔色が優れずイライラと過ごすよりは、運動してスタイルを改善したほうが結果的に長持ちします。

運動と合わせて、お食事や夜遊びなど不摂生な生活は控えましょう。体調の悪化は抵抗力を弱めます。

性交渉などのときは、コンドームを最初から最後まで正しく使用し、前後にはインフルエンザ予防並みのうがい手洗いをお二人とも徹底しましょう。