性病になると赤ちゃんは諦めなくちゃいけないの?!

性病は気づいていないふりをしない

ほとんどの性病は、早く気がつけばお薬で簡単に治すことができます。

女性の場合、クラミジアや淋病に感染すると病原菌が最初に膣から感染し、徐々に上体へ進行します。この時点で治療を受けていれば大事には至りません。しかし放置すると卵巣や卵管まで感染が進むと炎症によって卵管が狭くなったり、閉鎖状態になったりもします。不妊症になるのはあっという間ですが、治すのは現在のところなかなか難しいということを覚えておいてください。

また、赤ちゃんを授かれないのは全て女性のせいにする無知な男性が未だに存在するようですが、クラミジアによる男性不妊症も流行っています。自覚症状はほとんどないのですが、自然治癒もしません。放置すると不妊症の原因になります。

男性の場合、女性よりも病院へ検査に行くのは抵抗があるかもしれません。そのような方は、まずはご自宅で匿名で受けられる検査キットをおすすめします。

 性病にならずに健康な体に

性病に感染して不妊症になったのか、もともとの体質的な原因による不妊症なのか、必ず2人とも検査を受けてはっきりさせないと、遊んでいたのではないかなどと誤解を生みます。妊娠には男女とも健康でなければならず、炎症などの異常が起きていると受精のプロセスは成り立たないのです。

女性の場合、子宮頸管炎、卵管炎、子宮内膜炎、骨盤内感染症などが多いのですが、いずれも炎症によって精子の通過性を悪くします。なかでも骨盤内感染症は子宮外妊娠の可能性もあり、母子ともに危険な状態にさらされます。

パートナーとの愛で人生を幸せに

お子さんのいない家族生活を想像すらしていなかったカップルにとっては不妊症はつらすぎる現実です。女性のみ不妊症の場合は、口頭で伝えようとすると話を遮られたりして言いたいことが言えないかもしれませんので、どのような状態であるのかノートなどにまとめて、見てもらいながら説明すると良いでしょう。

また、向き合って話し合うよりは、2人で同じ方向を向いて(真隣に座った状態)話し合うほうが円滑で前向きなコミュニケーションが生まれやすいという検証があります。ご実家などではむずかしいと思いますが、ぜひ一度お試しになってはいかがでしょうか。